ホーチミン

古くからベトナムの経済的中心地として栄え、「東洋のパリ」と呼ばれたフランス統治時代の影響が残る街並みと、経済成長で建てられた高層ビル郡と雑多なバイク渋滞・スラム街が同居し、アジアらしさを残す街並みである。登録人口ベースで800万人を抱えるホーチミン市は、ベトナム南部圏の中心として、同国GDPのおよそ半分を占め経済を牽引している。

1859年にフランスによって占領され、1887年に成立したフランス領インドシナとして植民地化された。フランス文化の影響を受けて、多数の西洋風の建物が立ち並ぶことになった。


アドセンス広告

国内のホテル予約


箱根のホテル予約

札幌のホテル予約

小樽のホテルを予約

横浜のホテル予約

神戸のホテル予約

函館のホテル予約

名古屋のホテル予約

京都のホテル予約

沖縄のホテル予約